芙蓉苑のこだわり

正真正銘「本物の四川料理」の美味しさを大切に「笑顔」を添えてお客様にお届けすることをお約束致します。

正真正銘、本物の四川料理の美味しさを伝えたい

トライハードダイニングは、TryHard Groupの一員として、四川料理の「文化」を大切に、お客様に「笑顔」を添えて「正真正銘、本物の四川料理の美味しさをお客様に提供する」をテーマに本場四川から特級料理人を招聘し、本格四川料理店を現在5店舗展開しております。

hero

CONCEPT

芙蓉苑のこだわり

芙蓉苑には本場四川の食文化を大切に、本物の四川料理の味を日本に伝える使命があります。正真正銘「本物の四川料理」の美味しさを大切に「笑顔」を添えてお客様にお届けすることをお約束致します。

本場・四川の一流料理人が腕を振るう芙蓉苑

芙蓉苑のシェフ達全員が、四川省出身の長年の経験と実績を持つベテラン料理人。シェフひとりに、ひとつの専門料理を持ち、その手腕は四川でも最高峰の味覚です。

特級料理人を招聘

当店では調味料をはじめ食材も現地からの直輸入にこだわっています。長年の経験と実績を持つ6名の特級料理人をその食文化のルーツである四川省の三つの地域「成都」「重慶」「自貢」から招聘。本場の食材と料理人が、渾身の一皿で四川料理の魅力をお伝えします。芙蓉苑は四川料理の「文化」を大切に、お客様に「笑顔」を添えて「正真正銘、本物の四川料理の美味しさ」をお届け致します。

食材へのこだわり

芙蓉苑は食材・調味料にいたるまで、すべて現地から直送しています。厳選された食材と調味料を使った「本場」の四川料理を味わうことができます。

鵑城郫縣豆瓣醬

当店が使用している豆板醤は四川省成都市内の「郫県」で作られ、高級品として知られている「郫県豆板醤」(ピーシェントウバンジャン)その中でも王様と言われる「鵑城郫縣豆瓣醬」を使用しています。「鵑城郫縣豆瓣醬」は二百年以上の歴史があり、厳選された上質な素材を使い、門外不出の秘伝酵母と二百年守ってきた特殊製法で作られており、現地でも希少価値の高い最高級品の本格豆板醤です。

汉源花椒

四川料理の代表とも言われる「麻」の味は、実は花椒の「役目」です。さわやかな香りと痺れるような辛味を持つ香辛料です。『花椒』は四川料理の命と言っても過言ではありません。唐辛子の辛味と花椒の舌がしびれるほどの「麻辣」(まーらー)の感覚は、四川料理のおいしさを生み出す重要な条件です。 『花椒』中でも「汉源花椒」が最も有名です。当店の料理達人たちは「汉源花椒」まで、こだわるからこそ、おいしい料理を作り出せるのです。

渾身の一皿で四川料理の魅力をお伝えします

当店では調味料をはじめ食材も現地からの直輸入にこだわっています。 長年の経験と実績を持つ6名の特級料理人をその食文化のルーツである 四川省の三つの地域「成都」「重慶」「自貢」から招聘。 本場の食材と料理人が、渾身の一皿で四川料理の魅力をお伝えします。 芙蓉苑は四川料理の「文化」を大切に、お客様に「笑顔」を添えて「正真正銘、本物の四川料理の美味しさ」をお届け致します。

四川の食文化を日本へ

2300年以上の歴史を持つ食文化である「四川料理」は“四大中華料理”の一つ。紀元前316年著作の“華陽国志”に登場する古蜀の食文化で「名は巴蜀三千里を馳せ、味は江南十二州を圧倒する」と称される。“辛い”イメージの強い四川料理ですが「一菜一格、百菜百味」と冠されるその真髄は「ひとつひとつの料理に品格があり、百の料理に百の風味がある」の意で バラエティ豊かな調理法・味付けが魅力。

芙蓉苑 命名の由来

命名の由来は四川省成都市は「天府の国」と称される1000年以上の歴史から。豊かな土壌は食と文化を育む

「天府の国」の原点は遡ること1000年以上、時の皇帝・孟昶は「四川省のような険しい地形では外敵に備える必要は少ない」と考え、軍備を強化する代わりに農業や養蚕業の発展に尽力し、文化人の保護に力を注ぎました。孟昶は更に、首都・成都を美しく装飾することを命じ、家臣たちは大輪の花を咲かせる「芙蓉」の花をいたることころに植えたのです。成都城はみるみる桃色の花に覆われ、そのあまりの美しさに「芙蓉城」と呼ばれるようになりました。それ以来、「芙蓉」といえば四川省であり、四川文化を象徴する花となったのです。「芙蓉苑」とは、芙蓉の園(畑)の意で、つまりは四川の畑(食材)が連想されるよう名付けました。その歴史に恥じぬよう、本場の味を追求してまいります。